ムスコ

勤労学生控除のメリット&デメリット

先週の土曜日、ムスコから着信あり。

いやな予感…向こうから連絡があるときは、なにか困ってるときです。

県外で一人暮らし中のムスコ。現在、大学院2年生。

ドキドキしながら話を聞くと…用件は、アルバイトを今のペースで続けると、103万円を超えるのでどうしたらいいか?という内容でした。

ムスコいわく、

「103万円を超えるのは、なぜダメなの?」

「ボクは、少しくらい税金発生してもいいから働きたい」って。

アナタは、説明できますか?

ワタシは、簿記の知識にうとくて、しどろもどろ。説明ができません💦

ムスコに説明できるようにせねば…

PVアクセスランキング にほんブログ村

103万の壁ってなに?

103万の壁とは?」

よく聞くけど、とにかく税金が高くなるから超えてはダメって知識レベル😅

アルバイトを始めたムスコには「扶養範囲内で働きたいです」ってバイト先にお願いするように言ってありました。

でも、バイト先の上司から「週3日はシフトに入ってくれないと困る」と言われたとのこと。

「週3日入ると、年間で118万円くらいになりそうなんだけど、ダメ?」と、ムスコ。

ワタシもよくわかってないから、ボケかけの頭で調べてみたよ💦

税金税金って言うけど、出てくる税金は2つ。所得税と住民税

じゃあ、まずは「103万円の壁(所得税)」からいくよ!

キミの場合、スーパーマーケットと大学の2か所でバイトしてるね。

この2か所のバイト代を合算して、103万円を超えると所得税が掛かるよ。

103万ってどういう数字?というと…

個人の状況にあわせて、税金を免除してくれるのを控除っていって、いろんな種類があるけど、今のキミに関係するのは、給与所得控除(国税庁)基礎控除(国税庁)の2つ。

バイト代から、この2つを引いて、残った金額(課税所得金額)に課税される😑残らなければ非課税😆

ちなみに、給与所得控除額は55万円。基礎控除額は48万円。

なので、55万円+48万円=103万円までなら、所得税はかかりません☆(これが103万円の壁

次に、住民税は、給与所得控除額が55万円。非課税限度額が45万円(所得税とちょっと違うのね💦)

55万円+45万円=100万円までは、住民税がかかりません。なので「100万円の壁」って感じ?

まとめると、

所得税は103万、住民税は100万が非課税のライン

では、実際に計算をしてみよう😊

キミのバイト代が、仮に118万円になった場合、税金はいくらになるか?

所得税は、118万円-103万円=15万円が課税所得金額

で、それに税率5%をかけると、7,500円になる(税率は稼いだ金額によって違って、5%から45%まで段階があるよ。所得税の税率|国税庁

住民税は、118万円-100万円=18万円が課税所得金額

ちなみに住民税には、所得割と均等割があって、所得割の税率は、ほぼ一律10%で、均等割は5,000円前後。

なので、キミの場合は、18万円×10%(18,000円)+5,000円=23,000円

7,500+23,000=30,500円が、キミの税金

ってことで、キミの手元には、118万円―30,500=1,149,500円残る💰

そうか、それなら、103万円超えて稼いでもいいよね?ってなるんだけど…

ところがどっこい、そうは問屋がおろさない。

親の税負担は?

学生のキミには、そんなに負担が無いのはわかった🙆

でも、実のところ困っちゃうのは、扶養している親なのよ💦

家族を養ってるとお金がかかるから、税金を少し安くしてあげますねってのが、扶養控除

そして、扶養控除にも所得税と住民税の扶養控除額がそれぞれある(ややこしい…)

所得税の扶養所得控除額は38万円(これは年齢によって違うよ。扶養控除額はコチラ→(国税庁))と、住民税の扶養控除額は33万円。(扶養控除額はコチラ↓)

対象者区分年齢住民税控除額
一般の控除対象扶養親族16~18歳、23~69歳33万円
特定扶養親族19~22歳45万円
老人扶養親族(同居老親等)70歳以上45万円
老人扶養親族(その他)70歳以上38万円

(住民税の扶養控除が反映されるのは、前年の扶養状況なので、ご注意!)

キミのバイト代が103万円を超えると、扶養控除は使えなくなるのだ😰

どれだけ、親の負担が増えるかを試算してみよう。

税率は収入によって違って(国税庁)例えば20%の場合だと、

所得税は、38万円×20%=76,000円

住民税は、33万円×10%=33,000円

合計すると、76,000円+33,000円=109,000円が、扶養控除が使えないことで増える親の税金。

家族全体の税負担は、30,500円(キミ)+109,000円(親)=139,500円

結局【キミのバイト代118万円】ー【家族全体の税金139,500円】=1,040,500円となり、103万の壁を超えて増えた金額は、10,500円。

つまり、139,500ー10,500=129,000円が、ただ働き同然(時給1,000円なら、129時間)😨

貴重な時間を割いて、しんどいバイトしてるのに、割に合わないよね💦

勤労学生控除ってなんぞや

で、さらに調べてみたら、勤労学生控除ってのを発見。これは使えるかも?

どれどれ…

こいつをつかえば、バイト代からさらに控除できるみたい!

あ…この控除を使うためには、条件があるぞ。

国税庁のホームページの条件を見ると、キミの場合はクリアできているから、勤労学生控除を申請することは可能 勤労学生控除|国税庁 🙆

勤労学生控除の控除額が所得税は27万円、住民税は26万円

ならば、所得税130万円まで、住民税は126万円まで、非課税になる。

めちゃいいじゃん\(^o^)/

と、思ったら…

なんと、103万円を超えたら、扶養控除は使えないんだって…

この103万円の壁が、ホントの壁じゃん😭

そんなぁ…学生の税負担は減るけれど、親の税負担は変わらないのね。

個人事業主の場合の対策

さてさて、ではどうしようか…🤔

勤労学生控除を使えば、キミの税負担はなくなるから、なんとか親の分を節税できないかな?

ぽくぽくぽくちーん、考えました。

わが家は個人事業主なので、経費を増やす?とか(でも、無意味な経費は本末転倒だわ…)

では、小規模共済とかiDeCoなどの社会保険控除枠を増やすとか?(これ、よさそうかも✨)

まだ、現在は7月初めなので、作戦たてて節税するとしますか😂

よーし、お金の勉強するぞ💰

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^▽^)/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 軽トラのキセキ - にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA