ワタシ

洋裁教室は役に立つ?ミシンはあると便利⁈

こんにちは、軽トラです(^▽^)/

26年前、運送屋に長男のヨメとして嫁いできました。

とはいえ、結婚してすぐのヨメは、戦力外の人員。今までワタシが居なくても回ってたんだから当然。

仕事は義父と旦那がメインで、義母はサブで配達+事務。

ワタシは事務を少しづつ教えてもらってましたが、物足りなくて、だんだんヒマになってきました。

ヒマすぎて、つまらない!!!

PVアクセスランキング にほんブログ村

バイトしたい‼ヒマすぎる~

最初に少しだけ、ワタシの生い立ちを…

ワタシの実家は、7人家族(祖父母+父母+三姉妹)でした。

祖父母は農業、父はサラリーマン。母はワタシ達が幼い頃は、家で内職をしていました。

祖父母が農業+内職をする働き者で「働かざる者食うべからず」って考えだったので、母も仕事をせずにはいられなかったみたいです😅

母は、ワタシが小6の時に、外に働きに出るようになりました。

「パートじゃなくて、正社員として定年まで働くんだ!」ってガッツの持ち主😎

ワタシ達を学校に送り出すと、自分も出勤、夕方には大急ぎで帰宅して夕飯の準備(通勤は自転車で、スゴイスピードでぶっ飛ばしてました🚲)

じっとしていない性分で、の~んびりしている姿をあまり見たことがありません。

そんな姿をみて育ったから?ワタシも、パタパタと忙しくしていないと落ち着きません💦(母は、70代後半の今も、畑に行ったり、家事をしたり、常に忙しそうにしています🤭)

なので、ヨメに来てしばらくすると、だんだんウズウズしてきました。

「空いてる時間、外でバイトしたい!」

洋裁教室に行きなされ

勇気を出して、義父母に直訴🔥

そして、撃沈😭

外に働きに行くのは、いい顔されませんでした…😑

バイト禁止令にしょんぼりしていると、お義母さんから2つ目ミッションが出されました(1つ目は「料理教室に行きなさい」で、すでに発令ずみ)

そのミッションとは

洋裁教室へ通いなさい!」

「え?洋裁?なんて買えばいいのに…😑」

「でもまあ、バイト禁止だしなー、ヒマだからいってみるとするか🙄」

というわけで、洋裁教室に通い始めました。

どんな洋裁教室?

はじめまして」と通い始めた洋裁教室。

平日の午後2時間(料理教室のある火曜日は行かないよ)

先生は高齢のおばあちゃま👵

生徒さんは、ワタシの他に数名。40~50代の奥さま方(たぶん)

昔はたくさん生徒がいたらしい。その名も「〇〇ドレスメーカー女学院

教室には、昔懐かしい足踏みミシン(もはや、アンティーク)

「わー、足踏みミシンだ✨」

実家の母のミシンを思い出しました。足で踏みながら、タイミングよくカタカタカタと縫う感じ。

見てるだけで、ほんわかいい気持ちになれました🍀

そして、マンツーマン指導のスタート!(それぞれのペースで製作してるから、みんなマンツーマン)

おばあちゃま先生が「まずは原型を作りましょう」とおっしゃって「なんじゃそれ?」と思いつつ、ワタシの体の寸法を測り、原型をつくりました。

それをもとにして、作りたい洋服の型紙をおこすのです。

記念すべき第一作は、タイトスカート(まずは、基本的なモノから🔰)

※このイラストは、タイトというよりフレアスカート🤣

確か、高校の家庭科でタイトスカートは作ったような記憶があるけど、すっかり忘れてる💦

でも、マンツーマンだから大丈夫🙆おばあちゃま先生が丁寧に指導してくださるからね😉

タイトスカートができたら、次は何を作ろうかな?って洋裁の雑誌なんかをみたりして😆

生地屋さんにも行くようになりました。何かを作るのはキライじゃないので、結構楽しくなってきた♫

おばあちゃま先生のこと

ご高齢のおばあちゃま先生。

小柄でおかっぱ頭のチャーミングな方でした(チコちゃんをおばあちゃんにした感じ⁈)

昔は生徒さんも多くてかなりのやり手だったらしい(昔の話になるとイキイキとされてました✨)

ご結婚はされてなくてシングル穏やかで、わからないところを丁寧に教えて下さいました。

自分のトクイを活かして、人に役立つことをしながら、年をとってからも自分の居場所がある。

先生みたいな生き方ステキだな🍀

新しいミシン、買っちゃった

自宅には、義妹のお古のミシンがあったので、それを使いました。そのうちに、ロックミシンも欲しくなって、中古を買っちゃった😆

毎日二時間、2年近くも習ってたので、自分の服以外に旦那や家族の服も作ったり(旦那とおそろいのパーカーとか❤)

第一子👶が産まれる直前まで通って、その後も、子どものよだれかけ、ママコートなどを作ったりしました。

お古のミシンはさんざん使い倒して、とうとう壊れちゃいました💦

もうミシン無くてもいいかな?ってしばらくはミシンの無い年月。

でも最近になって、トラックシートカバーが破れて、旦那から「新しいの縫って欲しい」とリクエスト。さて、どうする?

「よし、新しいミシン買っちゃう?」

と、新品を買ってしまった☆

新しいミシンちゃんは、糸切の機能が付いててめちゃめちゃ便利(縫い終わりに、ボタンを押すと糸を切ってくれます。ハサミいらず✨)

ワタシはものぐさなので、出しっぱなしにしたいので、どっしりしたタイプを選びました😆

早速、シートカバーを作成。あとは、今時のマスクとか😷(コロナ早く終わってくれ~)

義母の「ヒマなヨメに夢中になれるものを与える作戦」は、大成功。

だって、嫁姑が家の中で長時間2人で過ごすのはストレスのもと🙅

それにしても…ワタシって、お義母さんの掌の上でコロコロころがされてたのかな?😂(ま、いっか)

「お義母さーん、洋裁教室、役にたってるよ~✌」

最後までお読みくださり、ありがとうございました☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 軽トラのキセキ - にほんブログ村


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA